実成りクチナシのタネを蒔いたら...

今こんな状態です。
つい最近、本葉が出てきました。

実成りクチナシとは、花が一重咲きのクチナシのことで、冬に実ができます。
この実は、料理などの色付けによく使われています。
(栗きんとんを作るときに入れると、きれいな黄色に仕上がりますね)

一ヶ月前、
その実の中に入っている小さなタネをまいたら、芽が出ました。

オオスカシバの幼虫に食べられないよう注意しよう。
でも、幼虫は今はもう、さなぎになっている頃かな?
c0030245_2237045.jpg

[PR]
by enteichou | 2007-07-19 22:38 | 植物
<< 7/21 ラーメン ミニミニトマト >>